シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > シチリアの世界遺産 > ヴァル・ディ・ノート
1693年にシチリア南東部「ヴァル・ディ・ノート」〔Val di Noto〕を襲った大地震の後、18世紀に後期バロック様式で再生された8つの魅惑的な町々。
シチリア第二の都市のカターニア〔Catania〕。旧市街には、数多くのバロック様式の教会、宮殿、修道院が残る。エトナ山の黒い溶岩とシラクーサの白い石灰岩を使ったモノトーン建築が特徴。
陶器の町として広く知られるカルタジローネ〔Caltagirone〕。工房兼陶器屋が町中にあり、陶器のショッピングが楽しめる。一段一段に異なる陶器のタイルの大階段が有名。
ラグーサ〔Ragusa〕は、18世紀以降発展した新市街スペリオーレ地区と、ギリシャ時代からの歴史がある旧市街イブラ地区の2つに分かれる。イブラの絶景は必見!
峡谷を挟んで町がつくられたモディカ〔Modica〕。町は、モディカ・バッサとモディカアルタの2つに分かれ、風情のあるバロックの建築物が立ち並ぶ。チョコレートの町。
震災の後、崩壊した町を捨てて、丘の斜面に築かれたノート〔Noto〕。教会や宮殿が整然と並ぶ姿はバロックの舞台セット。明るい黄金色の石灰岩を使ったバロックが特徴。
カターニアの南西約50kmにある田舎町ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニア〔Militello in Val di Catania〕。8つの町の中で最も観光地化されてない。
ラグーサの南方約25kmにある3つの丘に周囲を囲まれた田舎町シクリ〔Scicli〕。一面に広がる褐色の屋根瓦の間に、壮大なバロック様式の教会が聳え立つ風情のある町。
シラクーサ内陸部の山岳地帯にある田舎町パラッツォーロ・アクレイデ〔Palazzolo Acreide〕。シラクーサの植民都市だったことで有名だが、バロック様式の教会や宮殿も多く残る。
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。