シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > シチリアの世界遺産 > ヴァル・ディ・ノート > モディカ
シラク―サ/ノート観光専用車(TAO発)
ラグーサ/モディカ/ノート観光専用車(TAO発)
ノート途中観光付専用車ロングトランスファー
ノート〔Noto〕は、シラクーサ県の南部に位置し、県庁所在地シラクーサの南方約32キロ離れた標高約165mの緩やかな丘の斜面にあります。(人口約24,000人)
紀元前5世紀からの古い歴史を持つ昔のノートの町は、現在の町より約12キロ内陸に入ったアルヴェリア山(標高409m)にありました。しかし、1693年1月9日シチリア南東部を襲った大地震で町が崩壊したため、ノートの人々は考えた末、同じ場所に町を再建するのでなく、崩壊した町を見捨てて、地盤のしっかりした海に近い現在の場所に町を移しました。
18世紀に、当時流行のバロック様式で統一して築かれた新しいノートの町は、メインストリートのヴィットリオ・エマヌエーレ通りを中心に構成されています。次々に現れる明るい黄金色の石造りの壮麗なバロック様式の教会、宮殿、修道院は、ノートが石の庭園と呼ばれる理由を納得させてくれます。シチリアの青い空の下に、明るい黄金色のバロック建築物が見事に映えます。夕暮れ時に石がほんのりとバラ色に染まると、さらに魅力的。2002年にヴァル・ディ・ノート後期バロック様式の町の一つとして世界遺産に登録されました。

ノートは、毎年5月第三週の金〜日に行われる花祭りが有名です。バロック様式のバルコニーで有名なニコラーチ館のあるニコラーチ通りが花のカーペットで飾られます。
ノート Noto
ノート大聖堂

ノート Noto
ヴィットリオ・エマヌエーレ通り

ノート Noto
ノートの花祭り

ノート Noto
町は緩やかな斜面に形成されている

ノート Noto
バロック様式の宮殿のバルコニー
ノートの花祭り情報 2017年5月19日〜21日
ノートの花祭りの様子(2005年〜2017年)

ノートはシチリアの町の中でも暑く、近年、7月〜8月は40度近く気温が上がる日もあります。11月〜3月のオフシーズンは、多くのレストランやお店が閉まるので閑散とします。ノートを訪れるのであれば、3月〜6月、9月〜11月中旬がお勧めです。

近年、観光シーズン中は大勢の団体観光客が訪れます。

【行き方】
シチリアの他の町からノートへ

また、ノートは「マレーナ」のロケ地でもあります。
専用車の旅 では、タオルミーナ発日帰り観光「マレーナのロケ地」にてカターニアとシラク―サとノートのマレーナのロケ地と観光名所を日本語の案内で訪れます。
その他にも、タオルミーナ発日帰り観光「ラグーサ/モディカ・ノート」途中観光付ロングトランスファー「タオルミーナ−ラグーサ−モディカ−ノート−シラクーサ」でタオルミーナ⇔シラク―サの移動の途中にノートを観光することも可能です。


ノートに泊まるなら、次のホテルがお勧めです。
ホテル名をクリックすると、オンライン予約から予約出来ます。
ホテル・ポルタ・レアーレ ☆☆☆☆ レアーレ門の近くにある設備が新しいプチホテル。便利なロケーションでバス停にも近い。

レアーレ門とヴィットリオ・エマヌエーレ通り P.Reale & Corso V.Emanuele
レアーレ門は、ノートの東側の入口にある堂々とした構えの門です。1838年、ブルボン家の王様フェルディナンド2世を記念して建てられました。アントニオ・カノーヴァの弟子、ナポリの建築家オラッツィオ・アンジェリーニの設計。
ノートの観光はこの門からスタートします。ここから続くメインストリートのヴィットリオ・エマヌエーレ通りは、歩行者天国になっています。

映画「マレーナ」のロケ地
ノート Noto レアーレ門
サン・フランチェスコ教会&修道院/サン・サルヴァトーレ修道院 Chiesa di San Francesco
Convento di San Salvatore
サン・フランチェスコ教会(別名インマコラータ教会)は、前階段を持つバロック様式の教会で、ヴィンツェンツィオ・シナトラの設計で、1704〜1745年に建造されました。教会に隣接した右側のサン・フランチェスコ派修道院は、現在はノートの高校になっています。
サン・フランチェスコ教会の左側にあるのは、サン・サルヴァトーレ修道院。1706年の建造で、現在はノートの市立博物館。サン・サルヴァトーレ修道院の左側にはサン・サルヴァトーレ教会があります。
ノート Noto サンフランチェスコ教会
サンタ・キアーラ教会&修道院 Chiesa e Conv. di S.Chiara
ロザリオ・ガリアルディの設計で、1748年に建造されたバロック様式の教会。教会内部には、大地震で破壊したノート・アンティカから移されたアントネッロ・ガジーニ作の聖母子像があります。
この教会の屋上に登ると、ノートの町のパノラマが楽しめます。
開: 夏時間 10:00〜13:00 15:00〜18:00
    冬時間 月〜土 10:00〜12:00
         日 10:00〜12:00 15:00〜17:00
料: 2.00ユーロ
※季節によりオープン時間が多少変更になります。
ノート Noto サンタ・キアーラ教会&修道院
大聖堂 Duomo di Noto
広々とした前階段を持つバロック様式の大聖堂。聖ニコロに捧げられています。18世紀の初めに建設が開始され、1776年に終了。正面の青銅の扉は、ジュゼッペ・ピローネ作(1982年)で町の守護聖人聖コラードの生涯が物語られています。1996年秋の長雨でクーポラと中央身廊から右翼廊の天井が崩れ落ちたため、長年修復が行われていましたが、2007年6月から一般公開されています。大聖堂内部の壁画や天井画は、まだ復元されていないため、白っぽい石の壁がやたら真新しい印象を与えますが、復元される予定です。 ノート Noto 大聖堂
ドゥチェツィオ宮殿 Palazzo Ducezio
大聖堂の向かいにあるこの建物は、現在のノートの市庁舎。1746年にヴィンツェンツォ・シナトラの設計で建てられました。
一階広間の天井には、この建物の名になった土地のシクリ族の指導者ドゥチェツィオがノート・アンティカ(ノートの昔の町)を示した場面を描いたアントニオ・マッツァ作の天井フレスコ画があります。
開: 09:00〜13:30 15:00〜19:00
料: 2.00ユーロ
※季節によりオープン時間が多少変更になります。
ノート Noto ドゥチェツィオ宮殿
ニコラーチ通りとニコラーチ館とモンテ・ベルジネ教会 Via Nicolaci &Pal.Nicolaci
Chiesa di Monte Vergine
ニコラーチ通りは、毎年5月に花祭りが行われることで有名な通りです。
通りの名前になったニコラーチ・ヴィッラドラータ館は、ノートを代表する18世紀バロックで、パオロ・ラビーシの設計。バルコニー下の動物や人間を模ったユニークかつグロテスクなバロック彫刻が、非常に有名です。元々、ここは18世紀隆盛を極めていたノートの貴族ニコラーチ家の邸宅でしたが、現在はノート市の所有になっています。
2009年5月から、ニコラーチ館の1部(90室ある内の約10室)が見学可能になりました。
開: 10:00〜13:00 15:00〜18:30
料: 4.00ユーロ
※季節によりオープン時間が多少変更になります。
(年中無休ということですが、閉まっていることもあり)
ガイド付ツアーになっています。(伊語・英語)
所要時間約10〜15分


ニコラーチ通りの奥のモンテ・ベルジネ教会は、1750年建造のバロック様式。中央が凹面の遠近法を利用した造りで、ニコラーチ通りに奥行きを感じさせてくれます。
ノート Noto ニコラーチ通りとモンテ・ベルジネ教会

ノート Noto ニコラーチ館

ノート Noto ニコラーチ館
サン・ドメニコ教会&修道院 Chiesa e Conv.di S.Domenico
1703〜1727年建造のバロック様式の教会。ファザードは、ロザリオ・ガリアルディ設計。(1732〜1736年)
教会の左隣には、ドメニコ派修道院があります。正門入口は、1727年のヴィンツェンツィオ・シナトラの設計で、現在は高等専門学校です。
ノート Noto サン・ドメニコ教会と修道院
ノートのカフェ兼お菓子屋
Caffe' Sicilia
Corso Vittorio Emanuele, 125 Noto
長期保存可能な商品が日本にも輸出されているが、ここで本当においしいのは生菓子!特にカッサータやサバランは美味。普通のエスプレッソコヒーもなかなかいけるし、夏はグラニータもお勧め。(右の写真はブラッドオレンジのグラニータ)
※月曜定休日 11月〜3月の間、1〜2ヵ月休業
ノート Noto カフェ・シチリア ノート Noto カフェ・シチリア
 ノートのマレーナのロケ地 Malena
ノートには、上のロケポイント以外にも、マレーナの撮影が行われた場所があります。専用車の旅にて、マレーナのロケ地を日本語の案内付で訪れてみませんか。
ノート Noto マレーナのロケ地 ノート Noto マレーナのロケ地 ノート Noto マレーナのロケ地
ノート Noto マレーナのロケ地 ノート Noto マレーナのロケ地 ノート Noto マレーナのロケ地
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。