シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > イタリア旅行基本情報
シチリアの治安(パレルモ・カターニアおよび空港周辺、その他のシチリアの町&観光地)
難民問題
言葉
両替(銀行、郵便局、両替所、ホテル、トラベルエージェンシー)
クレジットカード
電話(公衆電話、携帯電話)とインターネット
チップ
トイレ
島内の交通機関(列車、バス、タクシー、ハイヤーNCC、レンタカー)
宿泊施設(ホテル、B&B、アパート&レジデンス、アグリツーリズモ)

シチリアの治安
パレルモ・カターニアおよび空港周辺
シチリアでもパレルモカターニアのような大きい町は、ナポリほど危険というわけではありませんが、完全に治安がよいとも言えません。パレルモ旧市街やカターニア旧市街の車やオートバイが入れる道で、外国人観光客や地元の高齢者の女性を狙ったバックのひったくりが発生しているので注意して下さい。歩く時は常にバックには気をつけるようにしましょう。また、混んでいる市バスに乗る時も要注意!バックは常に手で押さえるようにして下さい。スーツケースがあるときは、手荷物の注意がおろそかになるので、バスはやめて、タクシーに乗ったほうが無難です。
万が一のことを考え、パスポート、航空券、現金などの貴重品は、ホテルのセーフティボックスやスーツケースに鍵をかけて保管し(貴重品を部屋に置きっぱなしで、外出しないように!)、必要なものだけ持って出かけることをお勧めします。それから、女性に多いのですが、分かりやすいからと、財布がわりに中身の現金が見える透明な入れ物を使うのは、やめるべきです。周囲で見ている人に目をつけられる危険性があります。
周囲に注意していれば、パレルモでもカターニアでも、夜の一人歩きは問題ありません。ただし、人気のない道路や、車しか走らない郊外の道路は絶対に歩かないこと、あと女性の場合、男性同伴でない限り、男性の目を引くような服装は避けることです。そういう職業の女性か、その気があると勘違いされます。
その他のシチリアの町&観光地
シチリアの中小規模の町は、比較的治安がいいので、一般常識をわきまえた行動をしていれば問題ありません。
タオルミーナのような小さい規模の観光地は、監視カメラが町の各所に設置されているところが多く、警官が頻繁にパトロールしているので、治安がいいです。
難民問題
ヨーロッパで近年問題になっている難民問題ですが、シチリアの場合、2000年を超えたあたりから、地中海を密航船で渡ってくる難民の人達が、シチリアとチュニジアの間のランペドゥーサ島に到着していました。2011年のリビア内戦、シリア内乱の頃から、難民の数が増えましたが、2015年にシリア等からトルコ・ギリシャ国境を超え陸路でヨーロッパに入ってくる難民の数が増えると、シチリアに海路で来る難民の数は減りました。

シチリアで難民を見かけることがあるかと聞かれれば、普段の生活では全くありません。わざわざ難民収容センターの近くに行ったり、ランペドゥーサ島やポッツァーロ港やパレルモ港などで何日も見張ってない限り、見れないと思います。港に到着したら、すぐにバスで難民収容センターに行きます。(もとより、シチリアに難民が到着しても、シチリアの難民収容センターだけでは収容しきれないので、写真撮影と健康診断の後に、約85%の難民はイタリア本土の難民収容センターに送られています。)それに、ランペドゥーサ島の難民収容センターは、観光客が行かないようなところにあり、シチリア島内の難民収容センターも、観光客があまり訪れない町(ミネオ郊外、ポッツァーロ、カルタニセッタ、ポルト・エンペドクレ等)にあります。

したがって、普通の観光地に行くのであれば、シチリアで難民を見かけることはないでしょう。(私が2015年9月に行った、最前線のランペドゥーサ島でさえ見かけませんでした。)それに、日本のみなさんが想像される以上に、難民の船が漂着する可能性がある場所は、イタリア警察の沿岸警備隊や海軍が巡回しています。特に、観光地で生きている町の場合、難民でイメージが悪くなり、観光客が来なくなると死活問題ですから、観光地の近くには難民収容センターはなく、難民もいません。

いずれにせよ、シチリアは足場にすぎません。難民申請が認定されれば、多くの難民は失業率の高いシチリアに残らずに、北へと旅立っていきます。
言葉
一般的に、観光地のホテル、レストラン、お店では英語が通じます。
しかし、観光地でも、銀行、郵便局、駅の切符売り場では英語が通じないことがありますし、警察等のお役所関係になると英語が通じる可能性はさらに低くなります。
観光地のバスやタクシーは、目的地、時間、金額等の簡単な英単語なら理解してくれます。
両替
銀行、両替所、大きい町の郵便局、ホテル、トラベルエージェンシー等で両替が可能です。
イタリアでの両替には、ほとんどのところで日本より高額の手数料がかかりますので、あらかじめユーロで使う金額が分かっている場合は、日本で両替しておいた方がお得です。
イタリアで両替する場合、出来るだけ、銀行郵便局を利用するようにして下さい。両替所やホテルは、手数料が高いところが多いからです。そして、大きい町の銀行は混んでいるので、出来れば小さい町の銀行での両替がお勧めです。
クレジットカード
クレジットカードは、ほとんどのお店で使えます。中でもVISAが一番多くのところで使えるので便利。次がマスター、アメリカン・エクスプレス、ダイナーズ、JCB。(アメリカン・エクスプレスは手数料が高いので嫌がれることもあり)イタリアには、トラベラーズチェックをそのまま使えるお店はないので注意して下さい。ホテルの支払いは、トラベラーズチェックが使えるところもありますが、手数料がかかります。イタリアでは、トラベラーズチェックよりもカードの方が便利です。あと、カードは銀行や郵便局のATMでキャッシングが出来るので、使う予定がなくてもあった方が便利です。大金を両替する場合を除いて、イタリアの銀行で両替するよりも、クレジットカードでキャッシングした方が手数料が安いです。(ただし、EURONETのATMは、カード会社のレートではなく、EURONET独自レートの適用になるため、手数料が加算されていてレートが悪いと聞くので、注意が必要!)
それから、日本と異なり、イタリアではガードでの支払いの際、サインではなくPINコードの入力を要求されます。PINコードが分からないと、カードを使えません。
現金を持たずに、クレジットカードでキャッシングしながら旅行する予定の人は、2枚かそれ以上のクレジットカードを持って旅行するようにして下さい。万が一、カードが使えなくなったり、ATMにカードを吸い込まれたときに、慌てなくても済みます。
電話とインターネット
イタリアの公衆電話から日本へ電話をかけるときには、次の通りになります。
00+81+0を取った市外局番+相手の番号(ホテルからかけるときは、通常0発信)
イタリアでも日本同様、公衆電話の数が減っていて、探すのがとても大変です。その上、公衆電話が故障していることもあり、使い方も難しいです。市内通話の場合は最低20セントのコイン、携帯にかける場合は最低2ユーロ、日本にかける場合は1ユーロのコインを5枚くらい準備して下さい。
個人旅行で海外に行かれる方は、
緊急時のために海外でも通話可能な携帯を日本から持参することをお勧めします。ロストバゲッジし航空会社からの連絡を待つときや、病気になり保険会社からの連絡を待つときに、現地で通話可能な携帯がないと不便です。特に宿泊施設に電話がないB&Bやアパートやレジデンスに宿泊される場合は、携帯は必須です。

大、中規模の町には、街中にインターネットポイント(またはインターネットカフェ)があります。近年は、ホテルでWIFI(無線ラン)を無料で利用出来るところが増えました。
チップ
日本のようにチップの習慣がない国から来ると、面倒だと思われるかもしれませんが、イタリアでは、ユーロ導入後、物価が高騰して生活が大変になったとはいえ、チップの習慣は存在しています。いつも利用する顔なじみのトラットリアやピッツェリアで、チップを置くことは稀になってきていますが、特別な機会や、旅行の時はチップを残す人が多いです。(チップの習慣は、イタリアの北と南で差があり、北イタリアよりも、伝統的で所得水準の低い南イタリアの方が根強く残っています。)

ホテルのポーターには、荷物一つにつき1.00ユーロ。(ただし、高級ホテルのスイートに泊る人は荷物2個で5.00ユーロくらいお札で渡すのが普通です。)レストランでは、レシートにサービス料が加算されてない場合、5.00%程度(最低でも1.00ユーロ/人)。タクシーは、切り上げた端数が目安。ハイヤーの場合、空港送迎は距離によって5.00ユーロから(到着送迎で運転手を長く待たせた場合は大目に10.00ユーロ〜)、1日のサービスには、サービス内容によって15.00〜25.00ユーロが目安です。グループの場合は日帰りで25.00ユーロ(宿泊を兼ねる場合は30.00ユーロ)。ガイドにも同額のチップが目安です。空港で長く待たせてしまった場合や、時間オーバーしても、追加料金を請求されない場合は、目安以上に渡した方がいいでしょう

チップはお世話になった人への感謝や思いやりの表現だと思って下さい。(大人になると、感謝の言葉だけでは足りないことがあります。)
日本や現地の旅行会社のツアーに参加する場合、現地旅行会社に手配依頼する場合ホテルに手配依頼する場合も、チップ込みと明記されている場合を除き、料金にチップは含まれていません。
若者の貧乏旅行ならいざ知らず、ある程度の年齢になったら、もしくは若くても高級ホテルに泊まるのならば、大人のマナーとしてチップは忘れないようにしましょう。現地ではあえて口にしない常識です。
あと、チップは全く必要ないという旅行会社もあるようですが、それは間違いです販売する側の無知さと、自分達の利益には関係ないという心ない判断であり、現場で実際にサービスをする人間の事情は異なります。サービスの質を向上させるためにも、チップは必要です。
「ありがとう」の意味を込めて、サービスをした相手に直接渡してあげて下さい。直接でないと、間に入っている旅行会社やサービスをした人が所属している会社の経営者に、取られてしまうか、金額を減らされてしまうことがあります。(シチリアの場合)
なおサービスに不満がある場合は、それを理解してもらうためにも、短時間のサービスの場合はチップを渡す必要はありませんし、長時間のサービスの場合は目安よりもチップを減らしても構いません。
しかし、団体旅行の場合は、不満があっても、運転手やガイドやポーターの重要な収入になっていることが多いため、規定のチップは絶対に必要です
イタリアの水は、日本のように軟水でなく、硬水のため、石灰分が多く含まれています。そのため、水道水ではなく、ミネラルウォーターを飲むようにした方がいいです。(ミネラルウォーターには、ガス入りGassataとガス抜きNaturaleがあります。)
シチリアの水道水は、町により、水源や供給状況が異なるため、事情が全く異なります。水道水を飲める町もあるし、飲むのに適してない町もあります。地下水が豊富なエトナ山の東側(タオルミーナ〜カターニア)の水質は比較的いいのですが、降水量が少ないシチリア南部のシラクーサ、ラグーサ、ジェーラ、トラーパ二、マルサーラ、周囲の島々(ランペドゥーサ島等)の水質はよくないです。
トイレ
イタリアのトイレは洋式トイレ。イタリア人の身長に合わせて、便座の高さが日本よりも高いのが多いです。
ホテルやレストラン(超庶民的なレストランを除く)と、便座がないトイレがほとんどです。女性はどうするかというと、便座に直接座らずに、いわゆる空気イス(中腰)で利用します。筋力がないのでそれは無理という人は、日本から便座除菌シートを持参して下さい。トイレットペーパーが切れていることもあるので、外出の際にはティッシュ持参必須です。
また、イタリアは公衆トイレが少ないです。あっても有料です。駅のトイレも現在コイン式となり有料。(小さい駅はトイレ自体がないことが多い)
バールやガソリンスタンドで、トイレを借りるときは、コーヒー飲むか、ガムや水1本を買うのでもいいので、お店のサービスを何か利用するのがマナーです。
島内の交通機関
列車
ローマやナポリなどイタリア本土の都市に行くとき利用価値があります。特に飛行機のストがあるときは、ローマやナポリくらいの距離ならば、列車(IC利用)の方が安心です。
島内の移動には、列車はバスより時間がかかる上に本数が少ないため、主要区間を除き、適していません。しかし、観光客にとっては利用が簡単で分かりやすいです。
バス(プルマン)
シチリア島内を大小さまざまなバス会社の路線が網の目のように張り巡らされています。言わば、車を持たない住民の足。列車にくらべて、本数が多く、早く目的地に到着出来ます。特にタオルミーナやエンナなどの山の上の町に行く場合は、バスは町の入口まで行くので便利です。
ただし、日曜・祝日はかなり本数が減ります。特に、
1月1日、復活祭日曜日と翌日月曜日、5月1日、8月15日、12月25日は要注意です。バスの便が激減するだけでなく、区間によっては、まったくバスが運行されません。
主要都市間を除き、時刻表の変更がシーズンの変わり目に突然行われるので、インターネットの時刻表をあまり信用せず、乗る前日にバス乗り場の窓口にて確認した方が無難です。
ストライキの場合は、バスの切符売り場に数日前にイタリア語で通告が張り出されます。
タクシー
イタリアではタクシーの色は「白」です。タクシーの看板が出ていて、通常車の後部に小さく○○市のTAXI××番と表示されています。(白タクと見分けるポイント!)

タクシーは営業範囲が決められていて、市の規定のタクシー乗り場(空港、駅、町の主要な広場等)からのみ乗ることが出来ます。流しのタクシーはありません。タクシーに乗りたい時は、タクシー乗り場まで歩いて乗るか、ホテルで呼んでもらいます。空港などのタクシーには、正直な運転手が少なく、外の人間と見れば、ぼるタクシー運転手が多いです。

4〜5ッ星ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらうと、タクシーのかわりにハイヤーが来て、ホテルのバックマージンが含まれるため、正規料金よりも10〜100%高い料金を請求されることがあります。日本のようにホテルから呼べば、規定の料金のタクシーが来るという考えは、イタリアの高級ホテルでは通用しません。
現地でホテルに頼めばいいやの考えは高くつくことが多いので、頼む前には必ず料金を確認しましょう。最後に料金を請求された時に、ハッとするのでは遅いのです。

タオルミーナ等の観光地のタクシーには、メーター計がついていません。規定のサービスに関しては料金表は存在しますが、基本的にタクシー運転手の言い値です。
また、イタリアのタクシーは、
スピードを出すタクシーが多いです。(個人営業のため首になる心配がなく、早くタクシー乗り場に戻り、次の客を載せたいため)

タクシーは、一区間のみの短距離送迎はハイヤーよりも安いですが、中・長距離の日帰り観光や長時間のサービスは、ハイヤーよりも高くなります。(タオルミーナの場合、観光客が多い時期は、町中の全ハイヤー予約済み、多くのタクシーも予約済のことがあり、その場合は残っているタクシー運転手の言い値になるため、法外な料金を要求されることがあります。)
ハイヤー
イタリアではハイヤーの色は「白以外の色」(黒、シルバー、紺)です。車のフロントガラスにNCC(ハイヤーの意味)の表示があり、後部に小さく○○市のハイヤー××番と表示されています。

タクシーと異なり、ハイヤーは営業範囲が決められていません。広範囲(イタリア全土)で営業を行うことが出来ます。ただし、タクシーと異なり、
完全事前予約制です。直前申込、直前予約変更は出来ませんが、事前予約システムにより、適正な料金でサービスを提供することが可能です。

個人営業ではなく、会社形態が多いのもハイヤーの特徴です。一般的に、ハイヤーはタクシーよりも、車内の清掃が行きとどいていて、運転手の接客態度が丁寧です。見知らぬ土地でも安心して利用できます。

短距離はタクシーの方が安いですが、中・長距離の日帰り観光や長時間のサービスはハイヤーの方が安いことが多いです。
専用車(ハイヤー)の旅・空港送迎
レンタカー
交通の不便なところに行くときや、田舎の町を訪れるときに便利です。しかし、パレルモやカターニアの町中での運転は難しいです。一方通行が多く、車線が守られてない上、車がどこから飛び出してくるか分かりません。
山の上の町に行く場合は、急カーブや急勾配が多く道が狭いので、高い運転技術が要求されます。
車を路上駐車するときは、駐車禁止の場所でないかどうかよく確認して下さい。タオルミーナ、シラクーサのオルティージャ島、チェファル等ハイシーズンの海沿いの観光地では、住民以外の人が市民パスのついてない車を路上駐車すると高額の罰金を取られます。料金を払って、駐車場に駐車しましょう。
近年、シチリアの各町では、
ZTL(進入禁止区域)が増えています。知らずに入ると高い罰金を請求されます。パレルモ中心地区、カターニア中心地区、タオルミーナ中心地区、シラクーサのオルティージャ島、ラグーサ・イブラ、アグリジェントのアテネア通りに行かれる方は注意して下さい。
ガソリン代は、日本や他のヨーロッパの国よりも高いです。
シチリアの高速道路は、ほとんどの区間に照明がありません。つまり、夜は真っ暗です。
イタリアのレンタカー会社には、
オートマ車は少ないです。オートマで予約しても、実際はマニュアルになることが多いようです。

あと、レンタカーを運転する場合は、スーツケースやバックの置き場に注意すること!スーツケースはトランクに入れ、オートロックをかけた上で、バックは外から見えないよう足元に置くのが安全です。都会だけでなく、空港周辺も治安がよくないので、同じような注意が必要です。道を聞く時も要注意!特に、
カターニア空港周辺は要注意地区なのでご注意下さい。レンタカーを利用される方でも、空港とホテル間は、専用車空港送迎を利用した方が安心です。

1番肝心な点ですが、レンタカー会社の基本保険(強制保険)には、搭乗者障害保険が含まれていません搭乗者障害保険は任意加入になっています。また、任意加入しても、
同乗者が怪我や死亡をしたときの補償限度額は非常に低いので、日本から海外旅行保険に入ってくるようにしましょう。
宿泊施設
ホテル
州の法律の基準に基づいて1ッ星から5ッ星のランクに分けられています。しかし、必ずしも星の数でホテルの質とサービスを判断出来るわけではありません。星の数よりも、宿泊代金とその町の物価から判断すべきです。日本人の方の中には、5ッ星にこだわる人もいますが、星の数に応じてエクストラのサービスも高いということを念頭において下さい。(ミネラルウォーター500ml1本が5.00〜6.00ユーロする、タクシーを呼んだはずがハイヤーが来て高い料金を請求される等々)ポーター等へのチップも必要です。また、超高級ホテルには、スーツケースを自分で転がして歩いて行くのはやめましょう。ホテルの質を下げる行為ですので、タクシーかハイヤーをご利用下さい。

観光地(タオルミーナ、シラクーサ、アグリジェント、ラグーサ、トラパニ等)では、4月〜10月がハイシーズンで料金が高く、11月〜3月がオフシーズンで料金が安いです。一方、パレルモ、カターニアでは、9月〜6月が料金が高く、7月と8月のバカンスシーズンは町が閑散とするため、料金が安いです。

なお、イタリアの多くのホテルでは、部屋にお茶を飲むためのティーセットはありません。
B&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)
近年、シチリア中に増えてきました。ホテルがない町にも、大概B&Bはあります。ホテル同様、州の基準に基づいて、1ッ星から3ッ星のランクに分けられています。
イタリアのB&Bは、イギリスなどの自宅の部屋を貸す家庭的なB&Bとは異なり、アパートがB&Bに改築されているところが多いです。(エレベーターがないところが多いので、重いスーツケースを持って旅行する人には向いていません。)
B&Bは、
ホテルのような24時間対応のフロントはないので、到着時間を事前に連絡しておく必要があります。部屋にも電話がありません。朝食は、簡素なところが多いですが、近年ホテル並みの朝食を出してくれるB&Bもあるようです。しかし、朝食開始が08:00からと遅いところが多いです。チェックイン開始時間前の荷物預かりやチェックアウト後の荷物預かりをしてくれないところもあるので注意。
イタリア語または英語が問題なく話せ、チェックインとチェックアウトと朝食時間以外はスタッフなしでもOKで、
携帯電話を持って旅行する人向きです。
アパート&レジデンス
3泊以上の長期滞在をする人にお勧めです。部屋がホテルの部屋よりも広いし、キッチンがついているので自分で料理することが出来ます。外で買ってきて部屋で食べるときも、皿やフォーク等が揃っているので便利!物価が高い観光地では、利用価値が高いです。
アパート、レジデンスは、ユニット数の多いところを除き、フロントはありません。あっても、夜間はスタッフがいません。そのため、到着時間を事前に連絡しておく必要があります。(ホテル経営のところを除く)また、部屋に電話はついていません。エレベーターがないところも多いです。
最後に清掃代金がかかるところもあるので予約の際にご確認を。チェックイン開始時間前の荷物預かりやチェックアウト後の荷物預かりをしてくれないところがあるので注意が必要。
イタリア語または英語が問題なく話せて、チェックインとチェックアウト以外はスタッフなしでも問題なく、携帯電話を持って旅行する人向きです。
最低宿泊日数(2泊〜)を設けているアパートやレジデンスが多いです。
アグリツーリズモ(農園ホテル)
ホテル同様、1ッ星から5ッ星までランクが分かれます。
田舎に滞在してのんびりしたい人にお勧めです。シチリアのアグリツーリズモは、公共交通機関の不便なところにあるので、レンタカー利用の人にお勧めします。
シチリアの場合、農家の人がやっているというよりも、農園の経営者が使用人を雇って経営していることが多いです。実際に農業体験が出来るところや、経営者家族と一緒に食事をするようなアグリツーリズモはありません。そのかわり、プールやレストラン等の設備があるところが多いです。農家に宿泊するというよりも、田舎のアパートか、田舎のプチリゾートホテルに滞在する感じです。

8月は最低1週間の義務付けているところが多いです。

アグリツーリズモは、天候が安定している5月〜9月にお勧めです。冬は雨が多いのでお勧めしません。
© All Rights Reserved 2005-2018 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。