シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > シチリアの世界遺産 > シラクーサとパンタリカ > パンタリカ
シラクーサのホテル
シラクーサ1日観光専用車(タオルミーナ発)
シラクーサ1日観光バスツアー(タオルミーナ発)
専用車空港送迎(カターニア空港−シラクーサ)
シラクーサ〔Siracusa〕は、シチリア南東部に位置するシラクーサ県の県庁所在地〔人口約122,000人〕。ギリシャ時代にアテネと同じぐらい繁栄したと言われるシラクーサは、かの有名な天才数学者アルキメデスを生んだ町であり、太宰治の小説「走るメロス」の舞台となった町でもあります。古代ローマ時代に征服された後も、9世紀のアラブ時代になり、パレルモが首府になるまでは、シラクーサがシチリアで最も重要な町でした。

昔は、ギリシャ・ローマ時代の遺跡観光のために、シラクーサを訪れる観光客がほとんどでしたが、戦後荒廃していたオルティージャ島の再開発が1990年代後半から行なわれ、2005年に世界遺産に登録されると、古代遺跡の町から一転して、リゾート風観光地になりました。(現在、まだ修復中の建物もあります。)

シラクーサの本土には、考古学公園があり、ギリシャ劇場や円形闘技場を初めとするギリシャ・ローマ時代の遺跡があります。また、2つの教会の地下には、初期キリスト教時代のカタコンベの跡も残っています。ただし、周囲の建物は近代的で味気ないです。
一方、ほぼ陸地と繋がっている島のオルティージャ島には、紀元前6〜5世紀のギリシャ神殿跡だけでなく、1693年の大地震の後、バロック様式で建てられた豪華な教会や宮殿が残ります。ホテルの数が多く、レストランやカフェやお店もたくさんあります。

春と秋はヨーロッパ各国からの団体観光客が大勢訪れます。
夏は個人観光客が多く、オルティージャ島の北西の海沿いには、世界各国からの豪華なクルーザーやヨットが並び、町は華やかな雰囲気です。夏だけでなく、復活祭、古典劇の上演される5月と6月、クリスマスから年末年始にかけてもたくさんの観光客で賑わいます。毎年12月13日〜20日は、シラクーサの守護聖女の祭、聖ルチア祭があり、町がきれいにイルミネーションされます。
シラクーサ Siracusa
オルティージャ島の入口

シラクーサ Siracusa
オルティージャ島のドォーモ広場

オルティージャ島の海沿い

シラクーサ Siracusa
考古学公園内の石切り場

シラクーサ Siracusa
クリスマスのドォーモ広場

シラクーサ Siracusa
オルティージャ島から見る夕暮れ
聖ルチア祭情報
年間を通して湿度が高く、夏がすごく暑いのがシラクーサの気候の特徴。シチリア南東部に位置するシラクーサは、近年、7月〜8月は40度近くまで気温が上がる日があり(それ以外の日も36〜37度前後)、しかもオルティージャ島は、海抜が低く海に取り囲まれているので蒸し暑いです。
シラクーサの観光シーズンは、3月〜6月、9月〜11月中旬です。冬はオフシーズンのため、聖ルチア祭と年末年始の期間を除くと、オルティージャ島はホテル、レストラン、お店の約3分の1が冬季休業のために閉まり、閑散とします。

シラク―サに夏に来られる方の中には、泳ぎたい人がいるかもしれません。オルティージャ島の海沿いには、日光浴&海水浴出来る場所がありますが、港が近くにあるためあまりお勧めしません。
写真集 シラクーサからパンタリカヘ
写真集 シラクーサ オルティージャ島の夜
【行き方】
カターニア空港からシラクーサへ
シチリアの他の町からシラクーサへ

またシラクーサは映画「マレーナ」のロケ地として知られています。
専用車の旅 では、タオルミーナ発日帰り観光「マレーナのロケ地」にてカターニアとシラク―サとノートのマレーナのロケ地と観光名所を日本語の案内で訪れます。

シラクーサの町は、オルティージャ島本土の2つに別れていて、観光名所も両方にあります。
オルティージャ島は、車両進入禁止地区のため、徒歩での観光になります。わずか1キロ四方の小さい島ですが、島全体を歩くとかなりの距離になります。島の内部は入り組んだ路地が多く、迷路のようなので、地図を持っての散策をお勧めします。

オルティージャ島の入口から、新市街の考古学公園までは、2.2kmあります。無理すれば歩けない距離ではありませんが、その他に考古学公園内の観光やオルティージャ島の観光でも歩くことになるので、疲れます。出来れば、行きだけでもタクシーをお勧めしたいところです。(帰りは考古学公園前にタクシー乗り場がありますが、オフシーズンはタクシーがいない可能性あり)

シラク―サの地図 [PDF型式] ※新しいウィンドウがオープン
シラクーサ Siracusa オルティージャ島の路地

シラクーサ Siracusa オルティージャ島の海沿い
シラクーサでの宿泊は、海の見えるオルティージャ島の海沿いがお勧めです。
ホテル名をクリックすると、オンライン予約出来ます。 B&B、アパート予約の際の注意
オルティージャ島のお勧めホテル
B&B ラ・ディモーラ・ディ・ウリッセ 島の西側海沿いにある。シービュウの部屋あり。
B&B イル・サロット・ディ・マリアピア ドォーモの裏にある。ドォーモ広場が見える。
B&B イ・サンティ・コロナーティ アルキメデス広場近くのモダンなB&B。駐車場付
B&B ラ・ヴィア・デッラ・ジュデッカ ドォーモ裏手路地のおしゃれなB&B。2泊から。
B&B ラップロード・デッレ・シレーネ オルティージャ島入口の海沿いのプチホテル
ドムス・マリエ・アルベルゴ ☆☆☆ 島の東側海沿いにある。部屋が広め。エレベーターなし
ドムス・マリエ・ベネエッセレ ☆☆☆☆ 島の東側海沿いの14世紀の建物を改築したホテル
アルジラ・オルティージャ・チャーム ☆☆☆☆ 島の東側海沿いにあるエレガントなホテル
リヴィングストン ☆☆☆☆ 島の東側海沿いにある設備が整ったホテル。駐車場あり
ホテル・ローマ ☆☆☆☆ ドォーモ広場の裏にある瀟洒な雰囲気のホテル。観光に便利
オルティージャ・G. S. ☆☆☆☆ 島の東側にあるホテル。部屋が広い。キッチン付の部屋あり
グランド・ホテル・オルティージャ ☆☆☆☆☆ 島の入口近くの海沿いにある。瀟洒な雰囲気
デセトランジェ・ホテル ☆☆☆☆☆ アレトゥーサの泉の側に建つエコノミー5ッ星ホテル
オルテア・パレス ☆☆☆☆☆ 島の入口の海沿いにある。新しいデラックス5ッ星ホテル
旅行中ちょっとキッチンが使えたら...そんなときに便利なキッチン付アパート
B&B アレトゥーサ・ヴァカンェ アレトゥーサの泉近くのキッチン付B&B。朝食付
ポルト・グランデ 海沿いのシービュウバルコニー付アパート。2泊から。
プロフーモ・ディ・オルティージャ 海沿いのシービュウバルコニー付アパート。2泊から。
その他のシラクーサのホテル

 オルティージャ島 Ortigia
アポロ神殿 Tempio di Apollo
オルティージャ島の橋を渡ってすぐのパンカリ広場にあります。
紀元前6世紀末に建てられた周柱式ドーリア式神殿で、シチリアを含むギリシャ世界で最も古い石造りの神殿と言われています。
神殿は、ビザンチン時代に教会、アラブ時代にモスク、ノルマン時代に再び教会、16世紀のスペイン時代には兵舎に改築されました。1693年の大地震で崩壊後、地面の下に埋もれていましたが、1860年に発掘されました。

ギリシャ時代の神殿を再現する3D動画サイト
(当時の神殿をイメージしやすいです。)
アポロ神殿再現3D動画(YouTube)
シラクーサ Siracusa アポロ神殿

シラクーサ Siracusa アポロ神殿
アルテミスの噴水 Fontana di Artemide
紀元前3世紀シラクーサ生まれの天才科学者アルキメデスに捧げられたアルキメデス広場の中央にあります。
噴水の彫刻は、19世紀末のジュリオ・モスケッティ作。ギリシャ神話の「アレトゥーサの伝説」を表しています。噴水の一番上に立っているのが狩りの女神アルテミス、アルテミスの足元にいるのが川の神アルフェイオス、その下にいるのがニンフのアレトゥーサです。
シラクーサ Siracusa アルテミスの噴水
ドォーモ(=大聖堂)とドォーモ広場 Duomo di Siracusa
シラクーサの守護聖女聖ルチアに捧げらたドォーモは、元々紀元前480年のヒメラの戦いでカルタゴを破ったシラクーサが、カルタゴの賠償金で建てた神殿です。女神アテナに捧げられました。ビザンチン時代になると、神殿は教会に改築されます。神殿の外側の円柱と円柱の間を壁で埋めて教会の外壁とし、三廊式にするため内陣の壁にはアーチがいくつも空けられました。(現在でも、教会の左側の壁と内部を見ると、神殿が教会の中に組み入れられているのが分かります!)現在のバロック様式のファザードは、1693年の大地震後、アンドレア・パルマの設計で再建されたものです。
ドォーモ内部のサンタ・ルチア礼拝堂には、聖ルチアの骨の一部と、聖ルチアの銀製の像が安置されています。普段は祭壇の奥に安置され、拝観出来ない聖ルチアの像は、毎年12月13日の聖ルチア祭に、ドォーモから運び出され、行列を組んで、本土のサンタ・ルチア教会に運ばれます。一般拝観のために1週間展示された後、再び12月20日にドォーモに戻されます。(毎年5月にも聖ルチアのお祭りがあり、5月第一日曜日と、第二日曜日にも行列が行われます。)

【ドォーモ】
開: 4月〜10月 09:00〜17:30
    7月&8月 09:00〜19:00
    10月〜3月 09:00〜18:30
料: 2.00ユーロ
※日曜日はガイド付団体は見学不可(個人観光客はミサの時間を除いて邪魔にならない程度に見学可能)
(2018年6月時点の情報)

ドォーモ広場は、17世紀中頃から18世紀にかけて建てられた華麗なバロック様式の建物で囲まれています。映画「マレーナ」に登場したこの広場は、近年整備が行われ、シチリアで最も美しい広場になりました。

映画「マレーナ」のロケ地
シラクーサ Siracusa 大聖堂

シラクーサ Siracusa 大聖堂内部

シラクーサ Siracusa 普段は拝観出来ないサンタ・ルチアの像

シラクーサ Siracusa 大聖堂広場
ベネヴェンターノ・デル・ボスコ宮殿 Palazzo
Beneventano del Bosco
ドォーモ広場の北西には、バロック様式のベネヴェンターノ・デル・ボスコ宮殿があります。元々、13世紀のアレッツォ家が建てた宮殿で、シラク―サの上院議会が置かれていたこともあります。1778年にベネヴェンターノ男爵家に買い取られ、バロック様式で改築されています。 シラクーサ Siracusa ベネヴェンターノ・デル・ボスコ宮殿
ヴェルメクシオ宮殿&アルテミシオン(イオニア式神殿遺構) Palazzo Vermexio
Artemision
ドォーモ広場の北東には、1629年〜1633年に建てられたヴェルメクシオ宮殿(=セナトリオ宮殿=現在のシラクーサの市庁舎)があります。建物には、建築家ジョヴァンニ・ヴェルメクシオの名前が付けられています。

実は、このヴェルメクシオ宮殿は、紀元前6世紀末のイオニア式神殿の遺構の上に建てられています。神殿が完成する前にシラク―サの支配者が変わり、紀元前480年のヒメラの戦いの後、隣りのアテナ神殿の建造が始まったため、未完で終わったとのことです。1960年代から発掘が行われていましたが、近年やっと見学出来るように整備されました。ヴェルメクシオ宮殿後方にある入口から地下に降りて、イオニア式神殿の遺構を見学することが出来ます。

【アルテミシオン(イオニア式神殿遺構)】
開: 4月〜9月 月〜土 10:00〜18:00 日 10:00〜13:00
    10月〜3月 10:00〜13:00 14:00〜17:00
料: 3.00ユーロ
休: 10月〜3月 日
※1年の内の特別な祝日は閉館になる可能性があります。
(2018年6月時点の情報)
シラクーサ Siracusa ヴェルメクシオ宮殿

シラクーサ Siracusa イオニア式神殿遺構

シラクーサ Siracusa イオニア式神殿遺構
サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会 Santa Lucia alla Badia
南には、大地震の後、1695年〜1703年にかけてバロック様式で再建されたサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会があります。単廊式の教会で、内部は漆喰とフレスコ画と絵画で装飾されています。2009年から、中央祭壇の上に、カラバッジョが1608年から1609年のシラク―サ滞在中に描いたサンタ・ルチアの埋葬の絵が展示されています。

【サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会】
開: 火〜日 11:00〜16:00
料: 無料
休: 月
※季節により開館時間が早まります。
(2018年6月時点の情報)
シラクーサ Siracusa サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会

シラクーサ Siracusa カラバッジョのサンタ・ルチアの埋葬
ドォーモ広場の地下通路 Ipogeo di Piazza Duomo
明るく開放的なドォーモ広場の地下には、実は地下通路が張り巡らされています。長い間放置されていましたが、近年、一般公開されるようになりました。
17世紀前半に掘られた地下貯水槽や、18世紀に掘られた地下石切場(ドォーモのファザードを造るための石が切り出されました)が、第二次世界大戦のときに通路でつなげられ、住民の防空壕として利用されました。中に入ると、戦時中の写真が飾られています。
入口はサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会の手前にあり、中に入り、通路を最後まで歩いていくと、海沿いのフォロ・イタリコに出ます。
開: 月〜金 10:00〜20:00
    土、日 10:00〜24:00
料: 5.00ユーロ
※冬季は開館時間が短くなります。
(2017年5月時点の情報)
シラクーサ Siracusa ドォーモ広場地下

シラクーサ Siracusa ドォーモ広場地下
アレトゥーサの泉 Fonte di Aretusa
海沿いにありますが、真水が湧き出ています。パピルスが生え、アヒルや鵞鳥が戯れ、水の中には鯉が泳いでいます。
ギリシャ神話では、ギリシャ本土で川の神アルフェイオスに言い寄られたニンフのアレトゥーサが泉の姿に変わり、地の底に消え、地中海の底を通り、シラク―サのオルティージャ島に、再び湧き出たものとされています。
近くには、海の見える遊歩道やベンチの置かれた広場があるので、海を見ながらのんびりするのにお勧めです。夕日もきれいに見えます。
シラクーサ Siracusa アレトゥーサの泉
マニアーチェ城塞 Castello Maniace
オルティージャ島の先端の海を見晴らすところにあります。
長年、軍の所有物だったので入る事が出来ませんでしたが、現在は修復が終わり、一般公開されています。1038年頃、ビザンチンから派遣されたマニアーチェ将軍により築かれた城塞で、1232年〜1240年、フェデリーコ2世により拡大改築されています。1693年の大地震で被害を受けた後、1704年には落雷で、火薬庫だったところが爆破し、大きな損傷を受けています。
同じくフェデリーコ2世によって建てられたカターニアのウルシーノ城によく似たつくりで、尖頭アーチやヴォールトの天井など、ノルマン建築の影響を受けています。城塞の中の一室には、元々城塞の入口を飾っていたギリシャ時代のブロンズの雄羊のコピーが展示されています。(オリジナルは、現在修復中のパレルモ考古学博物館が保管)
城塞の先端(=島の先端)まで行くことができ、地下にも入れます。島の先端から見た城塞もなかなか絵になりますよ。城壁から、背伸びをすれば、周囲に広がる海も見えます。
午前中しか開いていませんが、フェデリーコ2世の城塞建築に興味がある人にはお勧めです。
開: 月 14:30〜19:30(最終入場 18:45)
    火〜金 08:30〜13:45(最終入場 13:00)
    土 08:30〜19:30(最終入場 18:45)
    日、祝 08:30〜13:45(最終入場 13:00)
料: 2.00ユーロ
※季節により、開館曜日と時間が変更になります。
(2018年7月時点の情報)
シラクーサ Siracusa マニアーチェ城塞

シラクーサ Siracusa マニアーチェ城塞

シラクーサ Siracusa マニアーチェ城塞

シラクーサ Siracusa マニアーチェ城塞
ベッローモ州立美術館 Galleria R. di Pal. Bellomo
アレトゥーサの泉から伸びるカポディエーチ通りにあります。
5年間の修復を終え、2009年10月に再オープンしました。中世から19世紀までの宗教絵画、彫刻、陶器等が展示されています。アントネッロ・ダ・メッシーナの「受胎告知」の絵があることで有名。(カラバッジョの「聖ルチアの埋葬」は、現在ここではなく、ドォーモ広場にあります。)
美術館の建物は、12世紀建造、14世紀に拡大改築された、カタロニア・ゴシック様式の装飾が美しいベッローモ宮殿を転用しています。
開: 火〜土 09:00〜19:00(最終入場 18:30)
    日・祝 09:00〜13:30(最終入場 13:00)
料: ベッローモ州立美術館のみ 8.00ユーロ
    ベッローモ州立美術館&考古学公園共通券 13.50ユーロ
休: 月
※毎月第一日曜日は無料
※共通券は3日間有効
(2018年6月時点の情報)
シラクーサ Siracusa ベッローモ州立美術館

シラクーサ Siracusa アントネッロ・ダ・メッシーナの受胎告知
 本土 Terraferma
ネアポリス考古学公園 Parco Archeologico Neapoli
1950年代の初めに南部開発公庫の資金により、整備されて出来た考古学公園。考古学公園内に、石切り場、ギリシャ劇場、ヒエロン二世の祭壇、円形闘技場等があります。ネアポリスとは、ギリシャ時代にシラク―サは5つの地区に分かれていましたが、その中の一つの地区名。ネアポリス地区にあるので、ネアポリス考古学公園というわけです。

開: 4月〜9月頃 08:30〜19:30頃(最終入場 18:00)
   10月      火〜土 09:00〜16:30頃(最終入場 15:30)
             月、日、祝 09:00〜13:30頃(最終入場 12:30)
    11月〜2月頃 月〜土 08:30〜16:45 (最終入場 15:30)
             日、祝 08:30〜13:45 (最終入場 12:30)
    3月1日〜15日 08:30〜18:00(最終入場 16:30)
    3月16日〜31日 08:30〜18:30(最終入場 17:00)
             08:30〜13:30頃(最終入場 12:30)
料: 考古学公園のみ 10.00ユーロ
    考古学公園&考古学博物館共通券 13.50ユーロ
    考古学公園&ベッローモ州立美術館 13.50ユーロ
休: 年中無休
※毎月第一日曜日は無料
※共通券は3日間有効
ギリシャ劇場で古代劇が上演される日は、ギリシャ劇場は16:30〜17:00頃閉まるので注意。(切符の購入は16:00頃まで)
※チケット売り場は、考古学公園と道路を挟んで向かい側にある広い駐車場の一番奥にあります。しかし、少人数(1〜5名)の個人観光客に限り、考古学公園の中の円形闘技場入口の手前の小屋でも、切符を販売してくれます。小さくTicket Officeと紙が貼られています。

(2018年6月時点の情報)
シラクーサ Siracusa 考古学公園切符売り場

シラクーサ Siracusa 考古学公園入口

シラクーサ Siracusa 考古学公園内
天国の石切り場 Latomia di Paradiso
シラクーサに残るギリシャ時代の巨大な石切り場の跡の一つ。
紀元前5世紀の都市拡大の際に、建物を造るため、多くの石が切り出されました。石切り場の一番深いところは、高さが45mあります。
地表に近い石の層を残して石を切り出した後は、地表の石の層とそれを支える石の柱が何本も残っていましたが、地震の際に石の柱が折れ、地表の石の層は崩れ落ちました。現在は、上の部分がかけた石の柱がのみ1本のみ残っています。
シラクーサ Siracusa 天国の石切り場
ディオニュシオスの耳 Orecchio di Dionisio
天国の石切り場内にある、ギリシャ時代に石を切り出したあとにできた洞窟。奥行き65m、高さ23mあります。洞窟の形が人の耳の入口(外耳道)に似ていることから、1608年にここを訪れた画家のカラヴァッジョが「ディオニュシオスの耳」と名付けました。非常に音が響くので、僭主ディオニュシオス一世が洞窟に監禁した政敵の話を盗み聞きしていたという伝説があります。
実際伝説に合わせたごとく、洞窟の一番奥の天井には小さい穴があり、太陽が出ている日なら、光が射し込んでいるのが見えます!
シラクーサ Siracusa ディオニュシオスの耳

シラクーサ Siracusa ディオニュシオスの耳
ギリシャ劇場 Teatro Greco
紀元前5世紀初期の建造で、建築家ダモコポスの設計。その後、紀元前238年〜215年に僭主ヒエロン二世2世により、拡大改築されました。直径が138mあり、シチリアで一番大きいギリシャ劇場です。
この場所は元々シラク―サの町の中では高台にあたり、ギリシャ劇場のある場所は緩やかな丘でした。その丘の石灰岩の岩を掘り抜いて造った劇場です。そのため、劇場の上に登ると、遠くに海(シラク―サの港のグランデ港)が見えます。
ギリシャ時代、シラクーサはギリシャのアテネに次ぐ演劇のメッカで、紀元前476年にはアイスキュロスのペルシア人の初演が行なわれたこともあります。
現在でも、毎年5月〜6月にかけて、夕方に古代劇(ギリシャ悲劇・ギリシャ喜劇)の上演が行なわれます。
シラクーサ Siracusa ギリシャ劇場

シラクーサ Siracusa ギリシャ劇場
ギリシャ古代劇公演スケジュール 2018年5月10日〜7月8日
オペラ&コンサート公演スケジュール 2018年未定
ヒエロン2世の祭壇 Ara di Ierone II
紀元前3世紀に僭主ヒエロン二世により築かれた巨大な祭壇。横幅が198m、奥行きが22.80mあります。現在は石灰岩の岩から掘り抜かれた基壇の部分のみ残っています。元々は、基壇の上に建造物があり、前の中庭は円柱で囲まれていました。
戦争に勝ったときには、この祭壇の上で450頭もの牡牛を犠牲として、神に捧げたこともあるそうです。(神に捧げると言っても、神様には煙を捧げて、肉は人間が食べたそうです。)
シラクーサ Siracusa ヒエロン2世の祭壇
円形闘技場 Anfiteatro
考古学公園の中で、唯一ギリシャ時代ではなく、古代ローマ時代に造られたものです。造られた時期は、はっきりしていませんが、紀元後1世紀頃の建設とされています。
大きさが140m x 119mあり、シチリアで最も大きい円形闘技場です。円形闘技場の上の部分は崩れていますが、現在残っている下の部分は、実は石灰岩の岩(シラク―サは石灰岩の地盤の上に町がつくられています)から掘り抜かれた部分です。上の崩れている部分の高さも合わせると、かなり立派で巨大な闘技場だったとか。周囲の木々と同じぐらいの高さがあったそうです。
シラクーサ Siracusa 円形闘技場

シラクーサ Siracusa 円形闘技場
パオロ・オルシ州立考古学博物館 Museo Archeologico Regionale Paolo Orsi
シチリアで一番大きく充実した、ヨーロッパでも有数の考古学博物館です。1878年に設置された考古学博物館で、元はオルティージャ島のドォーモ広場にありましたが、1988年に展示面積9000平方メートルの近代的な博物館が現在の場所に完成し、移転しました。北イタリアのロヴェレート出身の考古学者で、シチリアの考古学の研究に大きな貢献をしたパオロ・オルシの名前がつけられています。
先史時代からギリシャ時代を超え古代ローマ時代までの、シラクーサだけでなく、シチリア東部〜中部全体の発掘品が、時代ごと、町(植民地)ごとに展示されています。展示品数が驚くほど膨大で、ゆっくり見ると半日はかかります。ギリシャ時代の陶器や彫刻だけでなく、神殿上部の浮彫り彫刻やテラコッタの装飾、分かりやすい神殿の模型もあるので、時間があったらぜひ訪れていただきたい、お勧めの博物館です。
シチリアに大昔に生息していた小型の象さんの復元骨格も展示されていますよ。

開: 火〜土 09:00〜19:00 (最終入場 18:00)
    日、祝 09:00〜14:00 (最終入場 13:00)
    貨幣コーナー 火〜土 09:00〜13:30
             水 09:00〜17:30
休: 月
料: 考古学博物館のみ 8.00ユーロ
    考古学公園&考古学博物館共通券 13.50ユーロ
※毎月第一日曜日は無料
※冬時間は、閉館が早まる可能性があります。
(2018年6月時点の情報)

パオロ・オルシ州立考古学博物館公式サイト [英語]
シラクーサ Siracusa 考古学博物館

シラクーサ Siracusa 考古学博物館

シラクーサ Siracusa 考古学博物館

シラクーサ Siracusa ランドリーナのヴィーナス
シチリア州のサイトから借用
サン・ジョバンニ教会とカタコンベ Chiesa e Catatombe di
San Giovanni
シラクーサの初代司教聖マルチャーノが埋葬されたところに、ビザンチン時代に建てられた教会。ノルマン時代に再建され、1693年に大地震で崩壊したままの姿で残っています。現在の正面のアーチは、大地震の後、再建されたもの。
地下には、4世紀の初期キリスト教時代の広大な規模のカタコンベの遺構があります。ギリシャ時代の水路を利用して出来ています。
開: 11月〜3月 月〜土 09:30〜12:30
                 14:30〜16:30
    4月〜6月&9月〜10月 月〜日 09:30〜12:30
                        14:30〜17:30
    7月〜8月 月〜日 10:00〜13:00
                14:30〜18:00
休: 11月〜3月のみ 日、祝
料: 8.00ユーロ
※ガイド付ツアーになっていて、一定の人数が集まったら出発するシステムです。観光シーズンは1時間に1本くらい出ているようですが、オフシーズンは1時間以上待つこともあります。(伊語または英語)
※1月7日〜2月7日は閉館
(2018年5月時点の情報)
シラクーサ Siracusa サン・ジョバンニ教会

シラクーサ Siracusa サン・ジョバンニ教会

シラクーサ Siracusa サン・ジョバンニのカタコンベ
Siracusa Turismoのサイトから借用
サンタ・ルチア教会とカタコンベ Chiesa e Catacombe di
Santa Lucia
シラクーサの守護聖女ルチアが304年に殉教した場所に、6世紀に創建された教会。現在の教会は12世紀に再建されています。
教会の地下には、シチリアで一番広いカタコンベの遺構があります。初期キリスト教時代の3世紀初期から建設が始まり、ビザンチン時代とノルマン時代にも修復が行われ使われていました。カタコンベの一部の壁には、少しフレスコ画も残ります。
【カタコンベ】
開: 月〜金 11:00〜13:00 14:30〜17:30
料: 8.00ユーロ
休: 土、日、祝
※ガイド付ツアーになっています。(伊語または英語)
※2014年からカタコンベは閉館しています。再オープン予定
(2017年11月時点の情報)
シラクーサ Siracusa サンタ・ルチア教会

シラクーサ Siracusa サンタ・ルチア教会
 郊外(本土)
エウリアーロ要塞 Castello Eurialo
紀元前402年〜397年に僭主ディオニュシオス一世によりシラクーサ郊外のエピポリの丘の上に築かれた要塞。シチリアに残るギリシャ時代の軍事建築で最も重要なもの。シラクーサの町とその周囲一体を見張る目的で場所が選ばれただけあり、周囲の見晴らしがすばらしく、シラクーサの町や港を遠くに臨むことが出来ます。
開: 月 14:30〜19:30 (最終入場 18:30)
   土 08:30〜13:45(最終入場 13:00)
料: 4.00ユーロ
休: 火、水、木、金、日、祝

(2018年5月時点の情報)
シラクーサ Siracusa エウリアーロ要塞

シラクーサ Siracusa エウリアーロ要塞
エウリアーロ要塞の写真
エウリアーロ要塞を訪れるなら、専用車の利用が便利です。
シラクーサ専用車1日観光(タオルミーナ発)
ディオニュシオスの城壁 Mura di Dionisio I
エウリアーロ要塞の近くにあります。エウリアーロ要塞と同じ時期に、ディオニュシオス一世により築かれました。ギリシャ時代にシラクーサの町の周囲を囲んでいた27キロの城壁の一部です。
ここに来ると、初めて当時のシラクーサがいかに大都市(現在の3倍以上の人口の約40万人)であったか痛感します。
シラクーサ Siracusa ディオニュシオスの城壁
 シラクーサの市場
開催: 月〜土の午前中 08:00〜12:30頃まで
場所: デ・ベネディクティス通り(オルティージャ島入口付近)

都会の市場とは異なり、かなりのんびりした雰囲気。ゴミもあまり落ちてないし、市場特有の臭いもほとんどないので、お勧めの市場です。
魚屋、肉屋、八百屋、食材店などが軒を連ねています。魚は地元で水揚げされた魚が多く鮮度が高いです。野菜もパキーノ産のチェリートマト(IGP)、アヴォラのアーモンド(IGP)など地元産が多いのが特徴!
チェリートマトのドライトマトなど、お土産にできる物も売っています。試食させてくれる店もありますよ。チーズやハムを売っている店では、その場で具をパンにはさんでパニーノを作ってくれる店もあります。
シラクーサ Siracusa 市場

シラクーサ Siracusa 市場
 シラクーサのマレーナのロケ地 Malena
シラクーサには、上のロケポイント以外にもマレーナの撮影が行われた場所があります。専用車の旅にて、マレーナのロケ地を日本語の案内付で訪れてみませんか。
シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地 シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地 シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地
シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地 シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地 シラクーサ Siracusa マレーナのロケ地
© All Rights Reserved 2005-2018 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。