シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > シチリア写真集 > シラクーサからパンタリカへ
Siracusa - Pantalica
シラクーサの観光情報
シチリア写真集 オルティージャ島の夜
2005年7月に新たにユネスコ世界遺産に加わった、
ギリシャ時代の栄光の跡が残るエレガントな港町シラクーサ〔Siracusa〕と、
紀元前13〜7世紀の何千個もの岸壁墳墓群遺跡の残るパンタリカ〔Pantalica〕。
まずはシラクーサのオルティージャ島から訪れてみましょう。

近代的な町並みの新市街から橋を渡って、シラクーサの古都オルティージャ島へ
シラクーサ Siracusa
オルティージャ島の心臓部にあたるドォーモ広場
アテナ神殿を再利用したドォーモの建つ広場は、
バロック建築の傑作が立ち並ぶ開放的な舞台空間のよう...
シラクーサ Siracusa
ドォーモの内部に入ると、外部の明るい印象から一変して
暗く厳かで、神秘的な雰囲気が漂っています。
ギリシャ神殿の柱や壁がそのまま見えて、
神聖がさらに高まっているように感じます。
シラクーサ Siracusaシラクーサ Siracusa
ドォーモ広場から西に抜けると海沿いにアレトゥーサの泉が見えてきます。
真水の湧き出るこの泉は、今も昔も人々の憩いの場。
シラクーサ Siracusa
オルティージャ島の最南端には、13世紀建造のマニアーチェ城塞が、
現在も堂々とした威風で構えています。
フェデリーコ二世がシチリアに残した城塞建築の一つ。
シラクーサ Siracusa
橋を渡って陸側の新市街へ
近代的な建物の並ぶ中心部を通り抜けると、
広大な一角を占める考古学地区に出ます。
考古学地区内の古代の石切り場の跡は、
現在は南国の植物が茂る楽園。
シラクーサ Siracusa
シラクーサ郊外のエピポリの丘には、紀元前5世紀末、
僭主ディオニュシオスが建造したエウリアーロ要塞と町の城壁跡が残ります。
遠くに現在のシラクーサの町と海を見渡せる要塞跡に立つと、
当時のシラクーサがいかに大きな町であったか容易に想像出来ます。
シラクーサ Siracusa
左は、エウリアーロ要塞の中を兵士が移動するのに使った内部通路
右は、要塞の上の建造部分
シラクーサ Siracusaシラクーサ Siracusa
シラクーサのポルト・グランデの反対側には、
チャーネ川が海へと流れ込んでいます。
自然保護地区となっているチャーネ川を遡っていくと、
パピルスの茂る地帯があります。

深緑色の水深の深い川には、紀元前3世紀頃エジプトから
シチリアに持ち込まれたと言われるパピルスが、現在も自生しています。
シラクーサ Siracusaシラクーサ Siracusa
シラクーサからシチリア内陸部に入っていくと、
荒涼とした岩だらけの風景が広がります。

その中に突如現れる岸壁墳墓群遺跡パンタリカ
誰もたどり着けないような断崖絶壁一面に彫られた総数5000個以上と言われる
墳墓群は見る人をまさに圧巻!
パンタリカ Pantalicaパンタリカ Pantalica
パンタリカの峡谷の下に降りると、川が流れています。
水量こそは少ないものの、水はとても澄み切っていて、
真夏でも驚くほど冷たい!
川の深いところは神秘的な青緑色をたたえています。
パンタリカ Pantalicaパンタリカ Pantalica
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。