シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > 映画のロケ地を訪れる > ニューシネマパラダイス > チェファル
チェファルのホテル
パレルモ/チェファル1日観光バスツアー
写真集 チェファル 絵のような風景
チェファル〔Cefalu'〕は、パレルモの東約70キロにあるティレニア海に面した町です。(人口約14300人)
1131年にルッジェーロ2世により大聖堂(=ドォーモ)が建てられてから、町は発展しました。(2015年7月3日、チェファルのアラブ・ノルマン様式のドォーモは世界遺産に登録されました。
町は海岸線に沿って広がり、歴史的中心地区の背後には、石頭のような独特の形をした岩山ラ・ロッカが聳えています。
旧市街は、大聖堂(ドォーモ)を中心に、町が構成されています。ドォーモ広場前を、町のメインストリートのルッジェーロ通り〔Corso Ruggero〕が走り、通りの両脇には、お店、みやげ物屋、レストランが立ち並びます。ルッジェーロ通りに交差する何本もの古い石畳の路地には、日よけのカーテンと洗濯物がはためき、中世の雰囲気と庶民的な雰囲気を、同時に醸し出しています。
チェファルから内陸にあるマドニエ州立自然公園の入口の町となるため、一年を通して町は活気があります。特に夏は、チェファルは砂浜の浅瀬が続く長いビーチを持つため、国内・海外からのバカンス客で賑わい、8月中旬のビーチは、ビーチタオルを広げる隙間もないぐらい混みます。(実は夏に急激に増える人口のせいで、夏の海の透明度は落ちるのですが。)タオルミーナにくらべて、庶民的な店が多く、家族連れが多いです。ただし、海沿いの平地にあるため、夏は蒸し暑いです。
オフシーズンの11月〜3月は、海沿いのレストランの半数と一部のお店は閉まりますが、町は地元の人でそれなりに活気があるので、オフシーズンに訪れても楽しめる町の一つです。リゾート地の賑やかな雰囲気よりも、中世の町の雰囲気を味わいたい方には、夏よりも晩秋から春にかけてをお勧めします。

チェファルは、パラッツォ・アドリアーノ同様、映画「ニューシネマパラダイス」のロケ地としても知られています。夏の海辺のシーンはチェファルとチェファルとパレルモの間の町で撮影されました。

【行き方】
パレルモからチェファルへ

専用車の旅では、タオルミーナ発日帰り観光「ニューシネマパラダイスのロケ地完全版」と、タオルミーナ⇔パレルモ間途中観光付ロングトランスファー、またはタオルミーナ⇔アグリジェント間途中観光付ロングトランスファーにて、日本人ロケ地案内人とともに、他社のコースでは訪れないロケ地も訪れます。
チェファル Cefalu'
チェファルの町とラ・ロッカ(岩山)

チェファル Cefalu'
ドォーモ広場

チェファル Cefalu'
テラスレストランが多い海辺

チェファル Cefalu'
夏のチェファルの海辺

チェファルの旧市街は小さいので、主な観光名所を見るだけならば、徒歩で十分観光出来ます。(旧市街中心地区は一般車両進入禁止)
ほとんどのお店、レストラン、バール、銀行、旅行会社は、ルッジェーロ通り〔Corso Ruggero〕と、それに平行して海沿いを走るヴィットリオ・エマヌエーレ通り〔Via Vittorio Emanuele〕に面しています。
磨り減ってでこぼこした石畳の道が多いので、底の厚い歩きやすい靴が役に立ちます。
チェファル Cefalu' ルッジェーロ通り
チェファルのお勧めホテル
アルテミス・ホテル ☆☆☆☆ 駅の近くの近代的なホテル。旧市街にも近い。
ラ・プルメリア ☆☆☆☆ 旧市街の中心にあるプチホテル。海に近く観光にも便利。 ★お勧め
チェファル・パレス ☆☆☆☆ 海沿いにあるホテル。プール付。旧市街まで徒歩10分。
アストロ・スイート ☆☆☆☆ 海沿いにあるホテル。部屋は広くミニキッチン付。旧市街まで徒歩8分。
その他のチェファルのホテル

ドォーモ(=大聖堂) Duomo di Cefalu
岩山を背後に立つ中世の趣の濃いドォーモは、ノルマン時代の1131年、ルッジェーロ二世により創建されました。
アラブ・ノルマン様式ですが、未完なので、モンレアーレのドォーモのように内部全体が金地モザイクの壁画で覆われていません。アプスの部分のみ金地モザイクで装飾されています。
ファザードはパニッテッラ作(1204)、正面柱廊はアンブロージョ・ダ・コモ(1473)作。大聖堂内部の中央アプスのドームには、全能の神キリストの金地モザイクがあります。キリストの下は、聖母マリアと4人の大天使、その下には十二使徒です。

しかしどうして、漁師町のチェファルに突然大聖堂が建てられることになったか?
1131年、アマルフィを征服しに行ったルッジェーロ二世の艦隊が、パレルモに船で戻る途中、嵐に遭い、無事に陸地に到着することが出来たら、到着したその地に神に捧げる大聖堂を建てると誓ったところ、チェファルの海岸に辿り着いたため、この地に大聖堂が建てられたという言い伝えがあります。

開: 4月〜10月 08:30〜18:00
   10月〜3月 08:30〜13:00 15:30〜17:00
※ミサのときは、見学が制限されます。
(2018年1月時点の情報)
チェファル Cefalu' 大聖堂

チェファル Cefalu' 大聖堂内部

チェファル Cefalu' 大聖堂のモザイク
オステリア・マーニョ Osteria Magno
ノルマンのルッジェーロ二世が自分の邸宅として建てたと言われている12世紀の建物。13〜14世紀には、島の物品交換の場所として使われていました。中庭があり、一階には井戸の跡が残っています。
14世紀にはヴィンティミリア家の所有となり、17世紀初めにはドメニコ派修道院の手に渡り、その後個人の住宅や店舗として使われていました。現在は、絵画の展示会等が行なわれています。
建物の創建当時の部分は、外側の壁に見ることが出来ます。
チェファル Cefalu' オステリア・マーニョ
中世の洗濯場 Lavatoio Medioevale
ヴットリオ・エマヌエーレ通りを歩いていると、海側に階段があり、階段を降りた先にあります。昔、地元の女性達が洗濯していたところ。マドニエ山系の支流から生まれるチェファリーノ川が地下を通り、チェファルで地表に現れ、洗濯場を通り、海へと注いでいます。
以前は、マリーナ門(=ペスカーラ門)の近くにありましたが、1514年に現在の場所に移されました。1655年にアーチが建造され、1890年に現在のように整備されました。
チェファル Cefalu' 中世の洗濯場
マンドラリスカ博物館 Museo Mandralisca
エンリコ・ピライノ・ディ・マンドラリスカ男爵が集めた考古学出土品、絵画、コイン等が展示されています。
注目すべきは、アントネッロ・ダ・メッシーナ作の神秘的な笑みを浮かべた絵画「或る男の肖像」(1465-1470)と、紀元前4世紀の「マグロを売る商人」が描かれたクラテルで、日本人の私たちに親近感を感じさせてくれる図柄。一見の価値あり!

開: 09:00〜19:00
    復活祭の日曜日、復活祭翌日の月曜日、12月25日、1月1日
    09:00〜12:30 15:30〜19:00
料: 6.00ユーロ
休: 年中無休
(2017年12月時点の情報)
マンドラリスカ博物館公式サイト
チェファル Cefalu' マンドラリスカ博物館

チェファル Cefalu' 或る男の肖像
(チェファル市サイトから借用)
波止場 Molo
ペスカーラ門の外側にあります。この波止場の先に行くと、チェファルの町と岩山が海の向こうに見える絶景が楽しめます。
映画「ニューシネマパラダイス」のロケ地
チェファル Cefalu' 波止場

チェファル Cefalu' 波止場
カルーラの岬 La Calura
ラ・ロッカの反対側にある不思議な形の岩の岬。
岬の先には、17世紀の見張り台の塔があります。
この変わった岩の岬を見てオペラ作曲家のヴィンツェンツォ・ベッリーニは、「海賊」の舞台を思いついたとか...
チェファル Cefalu' カルーラの岬
チェファルと近郊に点在するその他のニューシネマパラダイスのロケ場所
チェファルには、上のロケポイント以外にもニューシネマパラダイスの撮影が行われた場所があります。専用車の旅のロケ地案内人付のコースでは、その他の下のロケ場所も訪れます。
チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地 チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地
チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地 チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地
チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地 チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地
開いているときのみ見学可
さて、トトのローマへの旅立ちのシーンが撮影されたチェファル近郊にあったラスカリ駅ですが、実は線路を複線にする工事のために、2017年2月21日の夜に壊されました。今は駅舎の跡形もありません。非常に残念です!(2017年3月時点の情報)
チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地 チェファル Cefalu ニューシネマパラダイスのロケ地
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。