シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > エオリエ諸島へ > ヴルカーノ島
ヴルカーノ島のホテル
リパリ島/ヴルカーノ島1日観光バスツアー
ヴルカーノ島(またはブルカーノ島)〔Vulcano〕は、自然遺産エオリエ諸島で三番目に大きい島。(表面積21.0km² 人口約400人)
シチリア本島から約20km北に行ったところにあります。シチリア本島に一番近い島で、シチリアのミラッツォ港から、高速船でわずか40分ほどで到着します。
ストロンボリ火山に次ぐ活火山と泥沼温泉と海水温泉がある島として、広く知られています。島が大きいわりには、町らしい町はなく、港付近に数件のレストラン、バール、お店がある程度で、その他はホテルや貸し別荘が島の所々にあります。お洒落なリゾートライフというより、火山島の大自然を感じたい人にお勧めの島です。

島には、ヴルカーノ火山があり、ヴルカーノ火山は、一つの火山でなく4つの火山で構成されています。
港の近くにあり、現在も白い噴煙を燻らせている標高391mのグラン・クラテーレ山〔Gran Cratere〕、紀元前183年の噴火で出来た東北部の標高123mのブルカネッロ山〔Vulcanello〕、先史時代からすでに噴火活動が収まっている中央部の標高481mのサラチェーノ山〔Monte Saraceno〕、南部の標高500mのアリア山〔Monte Aria〕があります。島の南部は、緑が豊かで果樹園やブドウ畑が広がっています。

ヴルカーノと言えばイタリア語で火山〔Vulcano〕を意味しますが、これはローマ神話の鍛冶の神「ブルカーヌス」に由来しています。

個人で島を訪れることも出来ますが、時間がない人、移動が面倒な人は、タオルミーナ発バスツアー「リパリ島/ヴルカーノ島1日観光」がお勧めです。2つの島の見所を、クルーズ船を利用して、効率よく観光することが出来ます。

【行き方】
エオリエ諸島へは、パレルモ空港でなくカターニア空港を利用
カターニア空港→ミラッツォ港
ミラッツォ港→ヴルカーノ島
ヴルカーノ島 Vulcano
ブルカーノ島の港

ヴルカーノ島 Vulcano
硫黄や鉄の成分が浮き出た岩肌

ヴルカーノ島 Vulcano
海水温泉

ヴルカーノ島 Vulcano
泥沼温泉

ヴルカーノ島の見どころは、港の近くに集中しています。したがって、島を横断して島の反対側に行くのでなければ、徒歩で十分観光出来ます。
島を回りたい人は、レンタバイクを利用するといいでしょう。
島のホテルに滞在する場合、港から離れたところにあるほとんどのホテルでは、港までの送迎サービスを提供しています。
ヴルカーノ島 Vulcano 港付近
ヴルカーノ島のホテルは、港から近いホテルがお勧めです。
ホテル名をクリックすると、オンライン予約出来ます。 B&B、アパート予約の際の注意
ホテル・ガーデン ☆☆☆☆ 庭とプールがある。港まで800m。港往復送迎あり
ホテル・エリオス ☆☆☆☆ 海沿いにあり、庭とプール付。港まで500m。港往復送迎あり
Les Sables Noir ☆☆☆☆ 海沿いにあり、庭とプールとプライベートビーチ付のリゾートホテル。港まで550m。港往復送迎あり

泥沼温泉 Fanghi termali
ヴルカーノ島のレヴァンテ港から歩いて2〜3分のところにあります。海岸の手前にあり、周囲を柵で囲まれています。
沼の底から、硫黄を含んだ蒸気と塩水と粘土質の土を噴出しています。沼に近づくと、小さい泡がたくさん湧き出ているのが分かります。水着を着て泥沼に入ると、日本の温泉のように熱いわけでなく、生ぬるい熱さ。入浴すると、肌がすべすべになる他、関節炎、皮膚病、感染症に効果があります。
泥沼温泉の端には、有料シャワーと脱衣室があります。

泥沼温泉に入ると、その後2日くらい硫黄の臭いが体に少し残ります。水着にも臭いが残るので、お気に入りの水着は避けた方が無難です。貴重な経験ですが、エステやスパように人の手の加えられた洗練された温泉ではないので、あくまでも大自然の中で、天然温泉を楽しみたい人向きです!
温泉を楽しめる時期は、6月上旬〜9月中旬です。(年により異なる)

入場料: 2.00ユーロ
シャワー: 1.00ユーロ
(2014年7月時点の情報)

島に宿泊せずに、タオルミーナ発バスツアーに参加しても、ヴルカーノ島でのフリータイム中に、泥沼温泉や海水温泉を楽しめます!
ヴルカーノ島 Vulcano 泥沼温泉

ヴルカーノ島 Vulcano 泥沼温泉

ヴルカーノ島 Vulcano 泥沼温泉

ヴルカーノ島 Vulcano 泥沼温泉
海水温泉 Sorgenti termali al mare
泥沼温泉のすぐ側の海岸にあります。所々海底から、硫黄質の泥と温水がぶくぶくと湧き出ています。ビーチサンダルを履いていかないと、真下に泡が湧き出ているところの下はかなり熱いので注意。
真っ青な空の下、穏やかな波にゆられながら、生ぬるい海水温泉につかるのは、最高に気持ちがいいので、ぜひ試してみて下さい!
温泉を楽しめる時期は、6月上旬〜9月中旬です。(年により異なる)
ヴルカーノ島 Vulcano 海水温泉
黒砂のビーチ Spiaggia Nera
泥沼温泉や海水温泉の反対側(西側)にあるビーチ。
海水温泉付近のビーチが茶色の小砂利ならば、このビーチは黒砂。黒い火山灰がそのまま砂になっています。
ヴルカーノ島 Vulcano 黒砂のビーチ
グラン・クラテーレ山(フォッサ・グランデ山) Gran Cratere
標高391mある山は、ヴルカーノ島の唯一の活火山。活火山と言っても、最後の噴火は1888〜1900年に遡ります。活動が盛んなときには、白い噴煙を燻らせています。

山に歩いて登ることが出来ます。片道1時間〜1時間半。
ヴルカーノ島 Vulcano グラン・クラテーレ
タツノオトシゴの洞窟(または馬の洞窟) Grotta di Cavallo
イタリア語でこの洞窟を「Grotta del Cavallo」と言います。直訳すると「馬の洞窟」なのですが、どうして馬の洞窟だと疑問に思う人は多いはず。
実は、タツノオトシゴはイタリア語で「Cavalluccio Marino」。日本語に直訳すると「海の小さい馬」。イタリア人には、タツノオトシゴが馬に似て見えるらしい...?
一説によると、昔、この洞窟にたくさんのタツノオトシゴが生息していたことからこの名前がついたそうです。
洞窟の中は神秘的な深い青緑。光が差し込んでいるところは、鮮やかなエメラルドグリーンで、驚くほどきれいです!

ブルカーノ島の北西部に位置し、船で行くことが出来ます。船の周遊ツアーには(タオルミーナ発バスツアーにも)、見学が含まれています。
ヴルカーノ島 Vulcano タツノオトシゴの洞窟

ヴルカーノ島 Vulcano タツノオトシゴの洞窟

ヴルカーノ島 Vulcano タツノオトシゴの洞窟
ヴィーナスのプール Piscina di Venere
タツノオトシゴの洞窟のすぐ左側にあります。ごつごつした岩に囲まれた浅瀬の部分が、小さいプールのように見え、水がきれいに澄み切っているので、「ヴィーナスのプール」の名がついています。

ヴルカーノ島の北西部に位置し、船で行くことが出来ます。船の周遊ツアーには(タオルミーナ発バスツアーにも)、見学が含まれています。
ヴルカーノ島 Vulcano ヴィーナスのプール
© All Rights Reserved 2005-2018 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。