シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > 映画のロケ地を訪れる > ゴッドファーザー > ゴッドファーザーの村 > フィューメフレッド
写真集 ゴッドファーザーの村
ゴッドファーザーのロケ地専用車観光
ゴッドファーザーのパレルモ
フィューメフレッド〔Fiumefreddo〕は、タオルミーナの南の海岸線、海沿いの平地に広がっています。フィューメフレッドの名前は、冷たい湧き水が出る川(”Fiume”=川 + ”freddo”=冷たい)があることに由来しています。オレンジなど柑橘類の栽培が盛んなところで、村の周囲には柑橘類の畑が広がります。海沿には砂浜のビーチが続いているため、夏は海水浴場として賑わいます。

【行き方】
バスターミナルからInterbus社の国道経由のカターニア行きバスに乗り、フィューメフレッドにて下車。(平日2〜3時間に1本、日曜・祭日1日2本程度)所要時間約35分。
スキアヴィ城へは、バス停より徒歩約30分。フィューメフレッド自然保護区へは徒歩約40分。
車が時々すごいスピードを出して通り過ぎる上、まったく人気のない道路なので、タオルミーナからタクシーかハイヤーをチャーターした方がいいでしょう。タオルミーナに戻るバスの便は、本数が少ない上、時間が不正確です。

専用車の旅 では、タオルミーナ発日帰り観光コースにて、フィューメフレッドのスキアヴィ城を含むゴッドファーザーのロケ地を日本人ロケ地案内人とともに訪れます。(A、Bのコースあり)
フィューメフレッド Fiumefreddo
サン・ヴィンチェンツォ広場

フィューメフレッド Fiumefreddo
オレンジ畑の中にあるスキアヴィ城

スキアヴィ城
18世紀中頃、パラゴニア公爵により建てられたバロック様式の城。バロック様式のシチリア貴族の田舎の屋敷で、有名なバロック建築家ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴァッカリーニとステファノ・イッタールの二人の設計で建てられました。
スキアヴィ城(=奴隷の城)の名前は、城の上にある見張り台に、体を乗り出した海賊のアラブ人の像があることに由来しています。昔からの言い伝えによると、城を荒らした海賊達が、船に逃げ帰る途中、捕まえられて連れてこられ、そこに幽閉されたそうです。
城は、元男爵家の個人所有のため、普通の観光名所のように行って料金を払えば、見学出来るわけではありません。予約制で個人訪問者を受け入れています。


※以前は、道路に面した入口の鉄格子の間から、城の一部を覗いて見る事が出来ましたが、スキアヴィ城を当サイトに載せてから数年後、訪れる人が増えたせいか、入口の扉全体に黒幕が掛けられ、塀の内部が見えなくなってしまいました。(右の一番上の写真の入口の鉄格子全体に、黒幕が掛けられました。周囲を高い塀で囲まれているため、現在は建物の上の部分が少し見えるだけです。)

映画「ゴッドファーザー」のロケ地
映画の中では、ドン・トマジーノの屋敷として登場し、アポロニアの車が爆破されたシーン最後にマイケルが亡くなるシーンなど、数々の印象的なシーンがこの屋敷内で撮影されています。
フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城

フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城

フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城
塀の外からは見えません
スキアヴィ城の訪問を希望される方は、専用車の旅 タオルミーナ発日帰り観光コースのページからお問合せ下さい。シチリア貴族の末裔の生活を知る貴重なチャンスです!
【普段は入れない高い塀の内部の様子】 ※塀の外からは見えません。
城の敷地内には、アポロニア乗った車が爆破された中庭の他、プライベートチャーチ、昔の農作物の倉庫などがあります。
城の内部には、昔の貴族の優雅な生活を窺わせる調度品や祖先の肖像画が残され、撮影当時の写真もあります。また、部屋の中でも、いくつかのシーンが撮影されています。
フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城
フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城
フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城 フィューメフレッド Fiumefreddo スキアヴィ城
フィューメフレッド自然保護区
スキアヴィ城とマリーナ・ディ・コットーネの間に、自然保護区は広がります。村の名前の由来になった川が、自然保護区内を流れています。昔は湧き水の量が多く、かなりの水量があったそうですが、現在は水量が減りました。川にはパピルスや水生植物が生えています。 フィューメフレッド Fiumefreddo 自然保護区
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。