シチリアクラブ Sicilia Club
シチリア最新現地情報サイト
イタリア シチリア島 タオルミーナより最新現地情報をお届けしています
FROM 04/2005 ホーム > タオルミーナ発バスツアー > バスツアー体験レポ
タオルミーナ発バスツアー
参加ツアー: エトナ山サンセットツアー(北側) [夏季プログラム]
参加日: 2007年9月11日(火)
14:04 タオルミーナバスターミナル出発
4月〜9月初めは、15:00出発時間だが、秋になり日が短くなってきたので、この週から出発が1時間早まり、14:00の出発となった。参加人数70人、2階建てのバスが満席!出発が遅れるかと思ったが、13:55にバスがバスターミナルに入ってきたにも関わらず、わずか4分遅れの14:04にバスターミナルを出発。
バスターミナルから下に降りて行く途中にエトナ山が見える。エトナ山の上には、雲がかかっている。(通常、エトナ山は午後、雲の中に隠れることが多い。)さて、日暮れ時までに雲が晴れるか?
エトナ山サンセットツアー
タオルミーナ出発後、隣町のレトヤンニで他の参加者をピックアップし、14:37に高速道路に乗る。高速道路を15分走った後、フィューメフレッドで高速道路を降りる。エトナ山麓の町ピエディモンテ・エトネオから少しづつエトナ山の方向に登って行く。柑橘類の畑の向こうに青い海が見える。 エトナ山サンセットツアー
ピエディモンテ・エトネオの次は、リングアグロッサの町。エトナ山北側登山の入口の町として知られる。この町では、エトナのワインの製造が盛んで、葡萄畑をあちこちで見かける。収穫間近の大きくなった黒葡萄の房が見えた。9月末から葡萄の収穫が始まることだろう。 エトナ山サンセットツアー
15:40-16:30 標高1900mのピアノ・プロヴェンツァーナのレストラン兼バールにて小休憩
エトナ山2900mにジープで登る前に、バスで登れる最終地点のピアノ・プロヴェンツァーナのレストラン兼バールにて、トイレ休憩。このときに、夕食の注文をバスガイドが取る。
メニューは、次の通りでした。(2007年)
1.ブルスケッタ+前菜の盛り合わせ+デザート 15.00ユーロ
2.ブスルケッタ+パスタ・アッラ・ノルマ+デザート 16.00ユーロ
3.ブルスケッタ+肉料理+デザート 17.00ユーロ
4.パニーノ 4.00ユーロ
※飲み物代は含まれて入ません。
エトナ山サンセットツアー
16:35 ジープ乗り場に到着
レストラン兼バールから、ジープ乗り場までバスで移動し、バスガイドからジープの切符を貰う。
その上の北東火口まで登りたい人は、ここで追加料金10.00ユーロを支払う。(ツアー代金に含まれているのは、2900mまでのジープ登山のみ。北東火口まで登る場合は、追加料金が必要。)
登山の服装をしてこなかった人は、ここで登山用上着と靴をレンタルすることが出来ます。(レンタル料金 各2.00ユーロ)
エトナ山サンセットツアー
17:00-17:45 ジープで1900mから2900mに登る
20人ぐらいづつジープに乗り込み、いよいよ2900mへ出発。ジープの両側に見えるのは2002年噴火の溶岩。溶岩で枯れてしまった木が白骨化したように、ところどころ見える。いきなり、山羊の群れが姿を現す。(レストランで飼っているのか?)溶岩の斜面に生えたわずかな草を食べている。なんともたくましい山羊達!その先は植物が生えていない。見渡す限り黒い溶岩が広がる。
エトナ山サンセットツアー
ジープに乗り、45分後に2900mに到着。周囲は霧だった。(つまり雲の中)しかし、風があるので、そのうち霧が晴れるかもしれないと山岳ガイドは言う。
2900mから北東火口に歩いて登ることにしていた私は、寒さと霧と風のため、登るのをやめてジープに残りたいと思ったが、途中で挫折する人は一人もいなかったので、ここまで来てしまった手前、最後まで登ることにする。(半数の人が火口まで登った。)
※悪天候、または火山活動が活発で山頂付近への立入禁止されている場合は不可能。近年、行われていません。
エトナ山サンセットツアー
17:45-18:45 北東火口まで徒歩で登山
山を登り始めて、すぐ空気が薄いのに気づいた。空気中の酸素が少ない。用心して、ペースを落としてゆっくり登る。しばらくすると慣れてきた。グループを外れる人がいないように、前と後ろには山岳ガイドがついている。(実際、霧の中、遭難するのは容易なことだと思った。日没はもうすぐ。寒さだけでこんなところに一晩も入れば、凍え死んでしまう...)
エトナ山サンセットツアー
いきなり霧が晴れて、真っ青な空が見える。
エトナ山頂で見る透明度100%の空!
北東火口の頂上が見えてきた。もうすぐ頂上だ!
エトナ山サンセットツアー
頂上に到着!ヨーロッパ最大の活火山エトナ山の北東火口を制覇!(2900mまではバスとジープだったが...)
火口から白い煙が出ている。私は今まで「噴煙」だと思っていたが、正確には硫黄成分を含んだ蒸気ガスのようなもの。煙ではない。ましては、火山灰など含まれて入ない。
エトナ山サンセットツアー
火口周囲の地面には硫黄が付着していて、ところどころ白いガスが出ている。ガスが出ているところに、手を近づけると暖かい。
ちなみに、この時の気温は5度くらいしかなかったと思う。みんな寒さに震えていたので、手を近づけて暖をとる人がいた。(しかし、あまり顔を近づける咳き込むので注意!)
その後、山岳ガイドについて、2900mのジープが待つところまで降りる。登りはきつかったが、帰りはとても楽だった。溶岩の砂と石の混ざった斜面を15分ぐらいで、滑り降りた。
エトナ山サンセットツアー
19:00-19:15 サンセット観賞
19:00から太陽が沈み始めた。15分ほど観察したが、太陽が雲に隠れてしまったので、ジープで降り始める。
エトナ山サンセットツアー
19:15-19:50 ジープで2900mから1900mまで下山
下り道、雲が一瞬にして晴れ、太陽を垣間見た。
黒い溶岩の向こうに見える雲と太陽は、実に異様な雰囲気を醸し出していた。
エトナ山サンセットツアー
まるでバロック絵画さながらの、躍動感! エトナ山サンセットツアー
19:50-21:50 レストラン兼バールにて夕食
1,900mのピアノ・プロヴェンツァーナに戻り、レンタルした上着と靴を返して、レストラン兼バールにジープでそのまま移動。
トイレ休憩のときに、オーダーした品で夕食。
私は、ブルスケッタ+パスタ・アッラ・ノルマ+デザートを注文したが、どれも想像していたより美味しかった。ツアーで行くレストランだから、たいしたことはないと思っていたが、このエトナ北側のピアノ・プロヴェンツァーナのレストランは美味しい。一般観光客の行くエトナ南側(カターニア側)サピエンツァ避難所では、こんなに美味しいレストランにあたったことはない。
エトナ山サンセットツアー
23:20 タオルミーナバスターミナルに到着
夕食後、バスに乗り込み、真っ暗な山道を降りていく。リングアグロッサに近づくと、やっと人里に戻ってきたような気がした。ピエディモンテ・エトネオを通り、高速道路に乗る。ジャルディーニ・ナクソスで高速を降り、他の乗客を降ろしてから、タオルミーナに戻る。
エトナ山の大自然に触れたい人にお勧めのバスツアー!
エトナ山1日観光(南側)
エトナ山サンセットツアー(北側)
アルカンターラ峡谷/ランダッツォ/エトナ山1日観光(北側)
エトナ山一周1日観光 アルカンターラ峡谷/エトナ山周遊鉄道/エトナ山(南側)
© All Rights Reserved 2005-2017 SICILIA CLUB 本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用は禁止されています。